×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Google

Yahoo! JAPAN



デッサン リンク集

デッサン(Dessin 仏、ドローイング、Drawing 英、素描)は物体の形体、明暗などを平面に描画する美術の制作或いは作品。これに準ずるものを指す場合もある。これについては後述する。英語圏ではドローイング(Drawing)と呼ばれる場合が多い。

一般に、ペン、鉛筆、木炭、パステル、コンテなどが用いられ、輪郭線によって対象の視覚的特徴をつかむことが目的となる。したがって、輪郭線そのものの強弱や太さなどが、主題的となる。対象に見える陰影や固有色、質感、などをハッチングなどによって描き出すこともある。 古代において、線彫や木墨によるデッサンは、呪術的な意味を持っていた。ルネサンス時代には、絵画や彫刻、建築の試作方法として大いに用いられるようになる。また、近代の銅版画やリトグラフの線描や日本の浮世絵の影響を受けた様式も現在では存在する。 日本のデッサンに比べ、西洋のデッサン及び西洋に倣ったデッサンは線的に描く場合であっても、形体表現が基礎に据えられ明暗の表現を尊重し描かれる。これは単に明暗の比例、尺度を写そうとする活動という意味ではなく、線の効果が明暗の表現を担うということである。然れども、古代西洋の絵画は比較的線的である。デッサンは、簡便な絵画の試作・下絵であるだけでなく、絵画の基本的な習熟の手続きとして今日でも尊重される。挿絵としてのイラストレーションとは区別される。

通常の人体を描いた時に、右手と左手の長さが極端に違っているようにしか描き出せないとき、それはしばしば不適切とされ、「デッサンが狂っている」などと言われる。描き手が思ったとおりに描き出せているか視覚的に検証、判断できる能力はデッサンの能力である。意図通りに描けないことと(例えば)通俗と異なる描画を意図的に為すことの異同をわきまえることが肝要である。 デッサンは通常モノトーンの表現であり、多色の場合も色彩表現に主眼は無い。このことから、白から黒の幅、による表現である訳だが、これを明度の表現であるというのは誤解である。固有の明度(、色)の表現と明るさの両立が絵画の基本であり、色彩に惑わされない明度の把握に有利なことから、この基本的な法則の理解と表現の把握にデッサンはしばしば使われる。 実在感を具えた描画に求められる描画や観察、検証の技能、手順や技法の熟知を広い意味で「デッサン」と呼ぶ。他方デフォルメなどと言うように、デッサンも絵画的表現である以上、強調、変形、単純化、抽象化などの操作が主立って意義を持つことは大いにあり得る。既存の迫真的な絵画の全てがこれらの操作と無縁でないことからもその不可避性がわかる。 当然これが不可避であるとしても、その操作を少なく見積もる活動が無意味だという結論が論理的に帰結するわけではない。少ないか多いかでその操作の意義が失われるとは限らない。色彩表現にあるように、少ないからこそ有効という場合もある[1]。 写真の存在を以って写実的な絵画を否定する一般の論者は、このことを考慮しているとは考え難い。写真の存在によって迫真的な絵画表現を否定するの見解を肯定的に主張する場合に、或る種の再現性の不足から無意味とするのであれば、その他の観点が眼中にないと考えられるからである。肉眼の視覚と写真のような光学像による平面的な造形との相違はその実在性であり、絵画は写真のような光学的な造形よりも、人間の視覚に肉薄出来る。この相違は決定的である[2]。 写実的な絵画を制作する画家や写真を使用する作家たちは、しばしばこのことを強調する。他方で、その対極にあるような作家は、一般のこの誤解を悪用し論難するのに利用する場合もある[3]。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


Copyright (C) 2010 デッサン リンク集 All Rights Reserved.

リンク集1 リンク集2 リンク集3 リンク集4